車検切れ 運転

車検切れの車を運転するとどうなるのか?

 

車検切れの車を運転した場合どうなるかというと、まず運転をした場所によって状況が変わってきます。

 

公道を走行せずに私有地で利用する場合には、車検の有無は問われないのでなんら問題が発生するということにはなりませんが、公道を走行する場合には法律違反になってしまいます。

 

車検切れをしている車というのは自賠責も切れていることが多いため、その状況で検挙されてしまうとどうなるかというと一発で免許停止処分となる場合もあります。

 

そして、それ以上に恐ろしいことが万が一人身事故を起こしてしまった場合でこの場合自賠責もなければ、任意保険も自賠責に加入をしていることが前提となるため保険がきかない場合が多いので多額の賠償責任を負ってしまう可能性がでてきてしまうのです。

 

 

車検切れの車を運転した場合捕まったらどうなる?違反点数は?

車検切れの車は公道を走行しなければ違法にはなりませんが、公道を走行すると道路運送車両法に違反するため罰則点数が6点となり、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。また自賠責保険が切れていれば自動車損害賠償保障法により、罰則点数が6点となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

 

車検切れの場合は、自賠責保険も切れている事が多いため、最悪では罰則点数12点となり90日の免許停止になります。この時の罰金は最大で80万円となります。もし車検切れで事故を起こしてしまえば、補償がないため大変な事になってしまいます。車検切れの車を車検に出す場合も公道を走る事は出来ませんので、その旨を伝えトラックなどで取りに来て貰う必要があります。

 

道路交通法違反の罰金を払わないとどうなるのか?

 

道路交通法違反で罰金を払わないと刑事事件として処理されます。

 

道路交通法に違反すると、切符が切られて反則金が科されます。これは行政上の義務違反行為に対する制裁で、行政刑罰の一種です。通常警察による捜査を経て被疑者が起訴された場合、裁判を経て刑罰が決まりますが、道路交通法違反件数は極めて多く、裁判所の処理能力を超えるため、全てを処分するのは事実上困難です。
そこで、罰金制度を導入し、支払いをした者に関しては刑事事件として処理しないというルールになりました。処理が簡易化される上、国民にとっても前科がつかないというメリットがあります。

 

不服がある場合、罰金を支払ってしまうと裁判で無罪を争うことができなくなります。違反がないことを認めてもらうには反則金を払わないで起訴されるのを待ち、裁判で違反がなかったことを争う必要があります。しかし、有罪になると罰金刑と前科がつくことになります。

 

車検の切れた車輌でも任意保険は適用されるのか?

車検切れの車に乗って事故を起こした場合、自賠責保険は利用できませんので、任意保険が利用できるかどうか気になるところですが、これに対する対応は保険会社によって異なります。

 

任意保険が利用できた人もいればできない人もいます。ただし、利用できる場合でも、補償される部分は自賠責保険対象外の部分となってきます。あくまでも自賠責保険で対応できない部分を補償するのが任意保険ですので、当然と言えば当然のことです。

 

ここで一番気になるのは対人補償ですが、任意保険が利用できたにしても、対人補償は自賠責保険の部分は補償されませんので、その賠償額はかなり高額になってきます。万一のために加入している保険ですが、車検切れの自動車で事故を起こした場合に任意保険が利用できるかと悩むよりも、車検の切れた自動車は乗らないと意識することが大切です。

 


>>【完全無料】車検切れの車でも出張査定しもらえば、楽に手放す事ができます