車検切れ 車 個人売買

車検切れの車を個人売買する場合はどうしたらいいのか?

 

車検が切れている車を売ろうと思ったら、もっとも高い金額で売れる方法が個人売買でしょう。中間に中古車取扱店などを挟まないことで、購入してくれる相手にもお得な取引となる場合もあります。

 

しかし正しい知識を持たずに個人売買をしてしまうと、後々のトラブルを招く結果にもなりかねませんから、最低限の知識を当サイト内で身につけて下さいね。

 

個人売買できる可能なサイトや掲示板は?

個人売買が可能になるためには、売りたい車を買いたいと思ってくれる買い主が必要です。まずは買いたい人を探すために利用できる、サイトの知識から仕入れていきましょう。

 

個人売買であれば、まず思いつくのがネットオークションサイトですが、意外と多いのが取引きトラブルです。オークション出品のために必要な資料は、自分で準備しなければなりませんが、これが不足していると後から買い主と揉める元になってしまいかねないのです。

 

写真によるトラブルと解決方法

例えば車体写真を撮影するだけでも、良い部分ばかりを写していれば、まるで悪い部分を隠していたかのように思われてしまうこともあるでしょう。

 

故障箇所などを見つけ出すことは、はっきり言って素人には難しいもの。外見的な問題ならよく見れば分かるかもしれませんが、車は普段見ることのできない下側やエンジンルームの中にもたくさんの部品が入っているのです。これらの全てを調べて書くことができれば問題ありませんが、専門家ですら見落とすことのある要素はたくさん存在しますので、自分で探すのは無理があるといえるでしょう。

「車は詳しくないので。。。」ノークレームでお願いしますなど

もちろん全てが分からなかったとしても、分からないということをはっきり記載しておき、そのような事情を理解してくれる人に入札して貰う方法もあります。しかし、買う側としてもリスクの高い取引きとなることは分かってしまいますから、多くの入札は見込めなくなってしまうと予測できますね。自動車は決して安い買い物ではありませんので、慎重になってしまうのは仕方がないことなのです。

 

オークションサイト以外にも、車を売りたい人と買いたい人をマッチングしてくれるような掲示板サイトもありますが、同じような点で難しい問題はあると考えていいでしょう。

 

個人売買の仲介サイトでスムーズな取引もできる

最近では、個人売買を仲介するための専門サイトもあります。お金のやり取りなど、トラブルの発生しやすい部分に業者が介入し、スムーズな取引きを実現してくれる便利なサイトです。

 

参考サイト:中古車個人売買仲介 - 有限会社カー・エントランス

 

個人売買でも整備してから送り届けてくれるなどのサービスもありますので、買う側としても安心して購入できるメリットは大きいものと考えられます。ただし、仲介してもらうのに手数料が発生しますから、金銭的なメリットは大きく損なわれてしまうことになります。

 

ちなみに↑のサイトの仲介手数料は52,500円と中間マージンが大分かかりますね。

  売り手 買い手
成約手数料 52,500円
(売買が成約するまでは、一切無料)
無料
(表示価格のみで、購入できます)

車の個人売買 - 料金について

 

安全で安心な取引きがしたければ仲介サービスを利用し、金銭的なお得を優先したければ、自分で取引きするという選択をすることになりますね。自分でオークションや掲示板に出品するなら、資料をしっかりと作り、後のトラブルをできるだけ減らす努力は惜しまないようにしてくださいね。

 

個人売買の流れ

↑で説明したように(個人売買の仲介サイトでスムーズな取引もできる)、個人売買の仲介サイトを利用するなら、基本的な流れは業者に任せることになりますので問題ありません。しかし自分でオークションなどに出品するのであれば、すべての作業を自分でしなければなりませんので、流れを知っておくことは大切です。

 

個人売買の一般的な流れを紹介しておきます。

 

出品する前に自分の車の相場を知りましょう

掲示板に掲載する場合でも、オークションに出品する場合でも同じですが、まずは自分の車がどれだけの価値を持っているのか知ることから始める必要があります。何故なら、価値を知らないものに自分で価格を設定もできませんし、価格を交渉されても最低ラインを知る方法もないからです。これでは満足な取引きは出来ないから、まずはどのくらいの価格設定が可能か、調べてみることから始めましょう。

 

価格を調べると言っても方法は簡単で、専門家の査定を受ければいいのです。車の査定を無料でしてくれるサービスはいくらでもありますし、近所の自動車屋さんで見てもらってもいいでしょう。オススメなのは一括査定サイトを利用し、幾つもの業者から査定結果を貰う方法です。それぞれに問題点を見つけてくれますので、価格だけではなく、オークションなどに記入する情報も集められますね。自分で調べる手間もなくなり、しかも個人売買と言わずに査定サービスを利用すれば、本気でプロが査定してくれますので、利用しない手はありません。

 

当サイトで紹介している一括査定はこちら⇒車査定比較.com

 

写真撮影と不具合や修正箇所などをまとめる

査定を受けることで、適正な価格や車両の問題点が明らかになったら、いよいよ出品の準備です。見てくれた人が購入したくなるような、魅力的な写真をたくさん撮影しておきましょう。もちろん信用に関わってきますので、問題になりそうな部分の写真もできるだけはっきりと、見えやすいような写真を確保しておいたほうがいいですね。また、問題点として見つかった部分は、まとめて文章化しておくと、見てくれた人に伝わりやすくなりますので、購入希望者を増やせる可能性がアップします。

しっかりした情報が記載されていれば、安心して取引してもらいやすくなりますので、この段階の準備は手を抜かないようにしてくださいね。もちろん車検が切れているという事実も、書き漏らさないように注意しないと、トラブルを招きかねませんよ。運搬コストや車検の費用も発生してくる問題ですから、必ず記載してあることを確認してくださいね。

 

資料の準備ができたら、掲示板やオークションサイトのルールに従って掲載し、購入希望者を待ちましょう。

 

購入希望者が見つかったら、後はお金と自動車本体のやり取りです。相手が遠方住まいだった場合は手間がかかりますが、相談しながら進めていくことが大切です。

 

大切なのは取引きのタイミングで、お金と自動車は、その場で交換する方法がもっとも安心できるものとなるでしょう。オークションなどではお金と商品のトラブルが跡を絶ちませんから、確実な方法を選ぶべきなのです。

 

車検切れが原因で個人売買にて起こったトラブル事例とその回避方法

車検が切れていたことを原因として、個人売買にトラブルが発生する場合は、正しく伝えられていなかったことがその理由としてもっとも大きなものとなるでしょう。購入する側となってみれば分かることですが、車検が無い以上、自走で運搬できなくなっていますし、基本的にはキャリアを依頼して運搬して貰う必要が出てきます。仮ナンバーで走行するという方法もありますが、そのことを覚悟して購入していなければ、相手から不満が出てしまうのは当然の結果と言えるでしょう。

このような車検切れによるトラブルを防ぐためには、オークションなどの紹介文にはっきりと記載しておくことが大切。見てくれた人が勘違いしてしまわないよう、文字を強調できるのであれば確実に見てもらえるような装飾を施しておくことです。そこまではっきり書かれているものを見た上で購入するのであれば、どんな負担が発生するのかは分かっているはずですから、トラブルは起こらないはずですね。

 

また、車検の費用をどちらが負担するかは、買い主と相談して決めるべきことですから、前もってよく話し合っておいたほうがいいでしょう。金額的にも大きな負担となる部分ですので、あとから揉めてしまうと大変ですよ。これも紹介文の中にはっきりと書いておけば、理解して購入してもらえるようになりますので安心ですね。

 

車検切れ以外で起こるトラブルとは?

車検切れそのものが問題ではありませんが、他にも個人売買でよく起きるトラブルにも注意しておいたほうがいいでしょう。

 

例えば、お金を後から貰う約束で自動車を受け渡したら、お金が払ってもらえなくなったり、一部しか支払わないようなケースが意外と多いもの。一度このような状態になってしまえば、簡単に解決できなくなってしまいかねません。防ぐためには、必ず自動車とお金は交換で受け渡すようにすることや、分割払いを求める相手とは取引きしないようにすることが重要です。身近な人でもトラブルになりやすい部分ですから、ネットで見つけた買い主ならなおのこと注意を払う必要がありますよ。

 

また、名義変更もトラブルの種になりがち。受け渡して名義変更してもらう予定でいて、いつまでもそのままだった場合、翌年の自動車税が請求されて気がつくということもありえます。買い主と一緒に名義変更が済ませてしまえるのであれば間違いありませんから、条件的に可能なら受け渡しの際に名義変更も済ませたいものですね。

 

個人売買はリスクに注意しましょう

車の個人売買は、高く売れやすいという金銭的なメリットばかりに目が行きがちですが、リスクが高い点も見逃さないようにしておくことが重要です。ましてや車検が切れた車である以上、それなりのことはちゃんと説明しておくことが売り主としての責任となってきます。結果として損をしたということにならないためにも、紹介文づくりには注意を払って挑んでくださいね。

 

もちろん売値で損をしてしまったのでは意味がありませんから、適正価格を知っておくことも重要。相場価格を知ることなく自分だけで価格設定しようとするのは、自分が専門家でもない限り無謀と考えたほうがいいでしょう。一度は専門家の査定を受け適正価格を知ることが、個人売買では大切なことなのです。

 

トラブルのない買取を希望なら一括査定サイトがオススメです⇒車査定比較.com