車検切れ 費用

車検切れの車の費用は車検アリの車より高くなるのか?

車検切れの車を売買するために、少しでも高く売るために車検費用を負担することはあまり得策ではないのです。車検が切れている車より、車検がある車のほうが同じ車なら高く売れるのは当然ですが、車検費用を負担した分がそのまま値段に反映するかどうかは疑問です。

 

車検費用は車の排気量にもよりますが、軽自動車で4万円程度はかかります。3ナンバーの車なら10万円以上の費用がかかるのが現実です。車検切れの車は購入後車検を通るす必要があるので、その分価格は安くなります。事前に車検を通してあげればいくらかは値段が高くなることは期待はできますが、投入した車検費用を回収できているかとなると、できているケースもあればそうでないケースもありますので、無理に車検を通すことは避けたほうが無難です。

 

ディーラーで車検を受けると高くなるのか?

このところユーザー車検や一日車検が費用の面などで注目を浴びているいっぽうで、ディーラー車検が費用面で高いという指摘があります。確かに、ディーラーでの検査はユーザーが直接陸運局に持ち込んだり、格安の整備工場に依頼するよりも高いケースが多々あるものの、走行距離や車両の年式によって車検のプログラムがしっかりと組まれているだけでなく、安心かつ確実に時間をかけて自社のメカニズムに精通した整備士が行うため、費用対効果という面では決して高いと言い切れない一面があります。

 

またディーラーにおける車検では、パーツ交換が必要である場合も、メーカーとの連携がしっかりとできているため、スムーズに調達し整備が進みます。これらのことを加味すると、ディーラーに検査を依頼することは、長期的に愛車を所有するうえでは得策といえます。

 

車検切れの車は公道を運転できないので、仮ナンバーを装着しましょう

車検は既にその期限が切れた車両であっても、その車両を車検場に持ち込めば通常と同等の内容で車検を受ける事が出来ます。ですが車検切れの場合、公道を自走する事は法律違反となりますから、持ち込む為の手段を考えなければなりません。

 

方法としてはレッカーを使う・牽引を使うという方法もありますが、手間や安全性を考えると自走に問題の無い車両であれば、仮ナンバーを取得する方法が考えられます。仮ナンバー取得には市町村単位の役所窓口に出向く必要があり、運行の目的・経路・期間を申告する必要があります。また、飽くまで当該の車検切れ車両の車検場への移動のみに許可内容は限られ、期間も最大で5日と短くなります。加えて、期間中の自賠責保険に関する費用を支払わなければなりません。

 

一見すると手間が掛かりそうですが、そもそも自賠責は運行に必要なものですから実は追加費用が掛かるという性質のものでは無いという利点があります。