車検切れ 廃車

「乗らない車を放置しすぎて。。。」車検切れの車を正しい手順で廃車にしましょう

 

それまで使ってきた用途がなくなって、車検切れのまま放置されている車は無いでしょうか?また事故を起こしてしまったり故障したために、直す費用をかけられず放置されている場合も同じですが、放っておいても自動車を所有している事実は変わりません。正しく廃車にしておかなければ、使ってもいない車のために税金を支払わなければならなくなってしまうかもしれませんよ。

 

売りに出せるのなら別ですが、放置されたままの車なら一刻も早く廃車にしてしまいましょう。

 

車検切れの車を廃車手続きの方法と必要書類をまとめました

新たに車検を受けて乗り続けるつもりがないのであれば、廃車手続きを進めていくことにしましょう。業者に任せてしまえば簡単に終わることではありますが、費用がかかってしまう場合もありえますので、まずは自分でできる方法を考えるといいですね。

 

あなたの車の廃車パターンを知っておこう

まず知っておかなければならないのは、廃車にはいくつかの種類があるということです。一般に廃車と言われる手続きは、正式には抹消登録と呼ばれ、国内を走っている車の管理をしている情報から削除するという手続きです。これには解体済みや災害などで使えない車を抹消するための永久抹消と、一時的に登録を消して、後から改めて登録することも可能な一時抹消という種類があるのです。一時抹消した廃車を解体した場合に行う解体届け出という手続きもありますが、自動車自体はまだ手元にあるという状況でなら、一時抹消の手続きが分かっていればいいでしょう。

 

一時抹消をするなら印鑑証明書、他人の車なら委任状が必要

 

一時抹消を行うためには、まず事前に書類などを準備しておく必要があります。必要な書類としては、まず自分の重要な財産を処分することになるのですから、印鑑証明書がなくてはなりません。また、誰かに依頼して一時抹消を行うのであれば、その相手に委任したことを証明できる委任状も必要になります。これは自分自身で手続きするならなくても構いませんが、その場合でも手続きの過程で実印が必要になることは覚えておきましょう。後は自動車から取り外したナンバープレートと車検証を用意してください。

 

これだけのものを揃えたら、後の必要書類は運輸支局で入手できますので、運輸支局での手続きを始めましょう。手続きの最初は、幾つかの書類を集めることです。廃車のために必要な手数料を納付する納付書や、一時抹消登録のための登録申請書、自動車税の申告書を手に入れなければいけません。運輸支局で案内してもらえば、簡単に入手は可能ですよ。

 

書類を手に入れたら、記入例が用意されていると思いますので、それにそって必要な事項を記入していきましょう。わかりにくければ、質問すると親切に教えてくれるところが多いですから、安心してくださいね。

 

書類が書き上がったら、指定された手数料を印紙で購入して納付書に貼り付け、ナンバープレートを窓口に返却しましょう。すると納付書に返却の確認印を押してもらえますから、全ての書類を持って登録窓口に提出すれば、記入に問題がない限り登録識別情報等通知書を交付してもらえます。これには自動車の一時抹消を行った内容を記載してありますので、後は運輸支局の敷地内にある自動車税事務所で自動車税の申告書と一緒に渡してください。月割で自動車税が還付してもらえますよ。

 

このように廃車のための手続き自体は、運輸支局にさえ行くことができれば、決して難しいものではありません。

 

お店に依頼をする場合の一時抹消の必要書類

  • 所有者の印鑑証明書※発行日から3ヵ月以内のもの
  • 所有者の委任状※所有者の実印の押印があるもの
  • 車検証
  • ナンバープレート※前後面の2枚

ご自分で一時抹消を行われる場合の必要書類

  • 所有者の印鑑証明書※発行日から3ヵ月以内のもの
  • 所有者の委任状※所有者の実印の押印があるもの
  • 車検証
  • ナンバープレート※前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書※地域によっては不要

一時抹消の必要書類 | 自動車の廃車手続きより

 

「車検が切れているから運転できない」どうすればいいのか?

運輸支局での手続きが簡単なものであることはお分かりいただけたでしょうが、車検が切れている車である以上、問題なのはそこまでどうやって自動車を持っていくかですね。基本的には自動車を運搬するためのキャリアカーを用意し業者に陸送してもらうか、仮ナンバーの手続きをして自分で持ち込むかを選ばなければならないでしょう。

 

間違っても無車検の状態で、自分が運転して持ち込むことは考えないでくださいね。仮にすぐ近くまでであったとしても、捕まったときのリスクが大きすぎます。

 

車検が切れた状態の車を運転してしまった場合、無車検車運行という道路運送車両法違反となり、6点の減点と30日間の免許停止が課せられることになってしまいます。

 

また車検が無い車の場合、車検と同時にかけている自賠責保険も切れているでしょうから、ほとんどの場合は無保険車を運転することになってしまいます。すると更に点数が加算され、違反点数が12点に上り、90日間の免許停止に加えて懲役刑や罰金刑も課せられてしまう犯罪者扱いが待っています。

 

近くだから、捕まっても車検証は見ないだろうからと甘く見ていると、大きな罰を受ける羽目になりませんからね。必ず車を移動させる際は、陸送できる業者に依頼するか、仮ナンバーを取得してからにしましょう。

 

仮ナンバーの取得方法

 

陸送の場合は業者に依頼するだけですので簡単ですから、特に説明は必要ないでしょう。しかし、仮ナンバーを取得した経験のある方は少ないでしょうから、簡単に手順を説明しておきますね。

 

仮ナンバーを取得するためには、まず自賠責保険だけは加入しておく必要があります。この自賠責保険の証書がなければ、仮ナンバーを発行してもらえませんから、事前に保険会社に問い合わせて準備しておきましょう。

 

後は役所に行って、保険証書と一緒に車検証や免許証を提示し、わずかな費用を支払えば仮ナンバーを発行してもらえます。この仮ナンバーは最大でも5日間しか使用できないナンバープレートですから、自動車を移動させる日の直前に取得するようにしてくださいね。

 

費用は最も安く済ませることが可能ですが手間はかかりますので、時間が惜しいという方は業者に依頼したほうが簡単で良いでしょう。

 

廃車にする車を無料で引き取り可能な業者はいないのか?

 

結論から言えば、廃車でも無料で引き取ってくれる業者は存在しています。

 

すでに使わなくて放置していた自分の立場からすれば、価値のない車なのだから引き取りにお金を取られるのが普通のように思うかもしれません。しかし、廃車にするような状態だったとしても、それを上手に活かすことができる業者もあるのです。

 

部品取りや金属として売れる場合もある

自動車はもともと金属でできた機械ですから、仮に自動車としてはもう役に立たない状態だったとしても、金属として売ることによって価値が出る場合もあり得ます。また、同じ時代に売れた数の多い車種だった場合、まだ現役で走っている車も数多くあるでしょうから、それらのために部品取りとして役に立つ可能性もあるでしょう。

 

これらの処分方法によって生まれる価値が、処分そのものや運搬にかかるコストよりも大きくなるのであれば、廃車のつもりで引き取ってもらう車でも、買い取ってもらえるケースも有るのです。費用がかかる予定で考えていた廃車手続きが、お金を生んでくれるのであれば嬉しいですね。

 

このような買い取りまで可能な業者は、解体専門の場合もありますし、買取業者の場合もあり得ます。引き取りまで負担してくれる業者を見つけることができれば、エンジンすら全くかからないような不動車と言う状況でも、事故で自走不能になっている車でも、安心して任せてしまえますよ。

 

近くでも見つかるかもしれませんが、条件の良い買い取りをしている業者は全国展開しているところが多いようですので、インターネットから申込先を探してみると早く見つかることでしょう。買い取りの一括査定をしているところで探せば、幾つもの買取業者が見てくれることになりますので、更に良い条件が見つかるかもしれませんね。

廃車の前にまずは一括査定してみませんか?⇒車査定比較.com

 

無料なら任せてしまったほうが安心

車検切れの車を廃車にするための手続きや書類について紹介しておきましたが、どれだけ費用を節約したとしても廃車のためにはいくらかの負担をする必要があります。もちろん運搬のために手間や費用も余分に必要となりますから、廃車のために掛けるコストも馬鹿になったものではありませんね。明らかな廃車であっても無料で引き取ってくれるところもあれば、お金を払って買い取ってくれるところさえ見つかるかもしれないのですから、負担する必要が無いことはおわかりでしょう。

 

どうしても自分で廃車登録をしてみたいというのなら仕方ありませんが、そうではないのなら業者に相談してみるのが最もオトクな方法と言えそうですね。お金の面でも無駄がありませんし、手間もかからないのであれば、ダメ元でも調べるだけは調べてみたほうが良いですよ。