車検 節約

車検費用を節約する方法をまとめてみた

自動車を所有していると、定期的に車検を受けなければなりません。新車で購入した場合は三年後まで受ける必要はありませんが、中古車で購入した場合は二年ごとに受ける必要があります。

 

一台ならまだしも一家で二台以上の自動車を所有しているご家庭にとっては大きな出費となるはずです。車検の費用を少しでも節約しようと思ったら、どのような方法を実践すれば良いのでしょうか。

 

車検費用の内訳を見ると、法定点検にかかる部分と工賃に分かれていることが分かります。このうち法定点検には重量税や自賠責保険、印紙代、証紙代が含まれますが、この部分はどこの車検場で受けても金額が変わることはありません。つまり費用を節約しようと思ったら、法定点検以外の部分を抑えるしかないのです。

 

車検を受ける工場を比較する

車検を受ける工場が設置している工賃を比較してみると、数千円単位で違ってくることがあります。いくつかの工場で見積もりを取れば工賃の違いがはっきりするので、一番安くて信頼できる工場を選びましょう。ただ見積もり額を出してもらうためには、自分で工場まで持ち込んで現在の状態を確認してもらなければなりません。待ち時間は持ち込む曜日や時間帯によって変わりますが、混み合っている時に行くとかなり待たされることもあります。

 

その作業を何度か繰り返すために面倒になったり車検切れの期限が迫ってくる場合もあるのです。複数の工場で見積もりを取るには、ゆとりを持って取りかかることがポイントになります。もちろん見積もりは無料で受けられるので安心です。

 

工場から提示された金額に納得したとしても、交渉次第では思いがけないサービスが受けられることもあります。例えばエンジンオイルを交換してくれたり、ワイパーを新品に交換してくれる等のサービスが受けられることもあるので交渉してみるといいでしょう。エンジンオイルを交換すれば工賃も込みで三千円程度のお金がかかるので、車検の際にサービスで交換してもらえばその分が節約できます。