車検 必要 書類

車検の時に必要な書類をまとめてみた

車検とは、2年に1回受ける自動車の定期検査のことです。

 

一定の安全基準を満たしているかどうかの確認のために行うものであり、安全性を考慮して車検を通さない自動車で公道を走ることを禁止しています。仮に検査をしないまま公道を走れば罰金等の罰則を受けることになるため注意が必要です。

 

車検切れの車を運転するとどうなるのか?

 

車検は、ディーラー、整備工場、専門整備工場、ガソリンスタンドなどで受けることができます。また、カーユーザーが自身で通すことも可能ですが、整備知識がないと難しいため、整備工場などに依頼して行ってもらうのが一般的です。

 

さて、この車検を通するためには、いくつかの必要書類を用意しておかなくてはなりません。事前に必要書類をそろえておけばスムーズに検査に通すことができるでしょう。

 

実際に必要になる書類は

  • 車検証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 自動車納税証明書

になります。

 

車検証は、自動車検査表のことです。自動車損害賠償責任保険証明書は、自賠責保険加入の契約書のことです。自動車納税証明書は、自動車税を納付した領収証のことです。

 

車検証がない場合は管轄する運輸支局で再発行、自動車納税書がない場合は県税事務所やまたは自動車税事務所(普通車の場合)、市町村役場(軽自動車の場合)で再発行、自動車損害賠償責任保険証明書がない場合は契約している保険会社で再発行してもらうことができます。

 

この3点は必ず必要になる書類ですので、事前に用意しておきましょう。そして、書類ではありませんが認印も必要になりますので、必ず持っていってください。

 

その他、条件に応じて必要書類が増える可能性がありますが、分からない場合は車検を受ける整備工場などに事前に確認しておくと安心です。また、手数料はかかりますが、業者のほうで再発行手続きをしてもらうことができる書類もあります。

 

費用に関しては各業者によって差があるため、相場はあるものの一概にいくらとは言えません。また、整備も含めれば費用は伸すでしょう。

 

原則として、法定費用は現金払いのみとなっているため、クレカ払いを検討している場合でも現金を用意しておくことをおすすめします。