自賠責保険

自賠責保険とは?

自動車保険と一言で言っても、二種類の保険があります。ひとつめは自賠責保険、もうひとつが任意の自動車保険です。

 

自賠責保険は、自動車損害賠償責任保険というのが正式名称で、公道を走行する車両は全て、自動二輪や原付バイクも含めて加入の義務があるので強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は法律で加入が義務づけられているので、未加入ですと懲罰の対象になりますし、通常はこれに加入しないで車を買ったり車検を通すことはできない仕組みになっています。

 

自賠責保険は、交通事故の被害者の最低限の救済のために国が制定した制度です。そのため、自賠責保険の補償内容は対人賠償のみとなっていて、対物賠償補償や自分の車の補償また自分の車に乗っていた人の傷害補償などは一切ありません。

 

また任意保険とは異なり、自賠責ではどこの損保会社で契約をしても保険料・契約内容ともに同一です。

 

自賠責保険の支払い方法

自賠責保険の支払方法は、加害者からと被害者からの請求の二つの方法があります。加害者が請求する場合、被害者に損害賠償金を支払いを行った上で領収書と必要書類を添えて請求します。被害者が請求する場合は、加害者が加入している損害保険会社等に直接請求します。請求権利は三年で時効になります。

 

被害者は治療費の支払い等当座の出費に充てるために、加害者が加入している損害保険会社等に対し請求できる仮渡金制度がというものあります。仮渡金の額は傷害の程度により異なります。請求には診断書等が必要です。

 

自賠責保険の支払額は損害保険会社等の支払い基準に基づいて決定されますが、調査結果や支払額に不服がある場合は、会社宛てに異議申し立てをすることができます。

 

自賠責保険の入っている車を廃車にする場合、還付金が戻って来る場合があります

自動車を購入して街中で走るには、車検を受ける必要があります。
そして、車検の際には自賠責保険に加入することが必須です。自賠責保険に加入しなければ、車検を受けることができません。
何年、その車に乗り続けるかは、その人の車の使用頻度や経済状況によると思われますが、車検の度に自賠責保険は加入することになります。
いつか自動車を廃車するときには、様々な手続きをする必要が出てきますが、その際に自賠責保険の払い戻しをしてもらうことができます。
保険の期間が残っている場合であったり、必要な書類が出てきたりしますが、廃車の際には、払い戻しができるのではないかということを廃車をお願いするディーラーであったり、自動車工場で確認することです。